三線購入のポイント

三線購入時のポイントを改めて整理します。まず、初心者が一番気にしたほうが良いのはカラクイだと思います。カラクイとは、写真にある通り、調弦する時に回す木のパーツです。これを回すことで、音を高くしたり、低くしたりするわけですが、とにかく安物の三線ほどこの作りがひどいです。なので、簡単にチューニングができない、という状況をよく目にします。

 

このカラクイですが、安いカラクイがついているからダメ、という話ではないのでご注意ください。三線本体のカラクイをつける穴と、カラクイ自体の大きさ、さらに三線本体の材質とカラクイの材質の組み合わせで、しっかりと止まる仕組みになるわけですが、ここがしっかり作られていないとすぐに巻き戻ってしまいます。

 

当然ですが、1万円とか2万円の三線がこの細かい調整を綿密にしているはずがなく、大量に早く安く作っているので、いざ手にしたらうまく調弦ができない、ということになりがちです。

 

他のページでも書いていますが、長く続けようと思う方は初めから高めの三線に手を出すことをおすすめします。


胴は後から丸ごと替えられる

購入時の知識として、買った後に変更可能なものと変更がきかないものを理解していくと後々便利です。

 

まず、一度購入したらどうにもならない物が棹。棹の材質、形状は当然ですが、買ったが最後、その後はどうにもなりません(削って調整という方法もなくはないですが)。

 

カラクイに関しては交換可能なもので調整はきくのですが、本体側の差込口が大きく開けられていると、調整が困難だったりします。

 

そして、三線の音を決める最も重要な部分の胴(木枠と蛇皮)は丸ごと交換することが可能です。なので、万一三線を購入したけれども音が気にくわない場合、お金はかかりますが皮を張り替えたり、胴を丸ごとチーガ(木枠の部分)から変更することで、全然違う音にすることができます。これは一つ知識として覚えておくと便利です。

 

私も実際、胴を丸ごと変更(木枠を凹凸のあるものに変更し、皮を張り替えた)し、好みの音になった経験があります。


10万円の完成品を買うならフルオーダーを

以前であれば、最初の三線は7~8万円のものを買って、ゆくゆくは著名製作者やオーダーメイドを、なんて書いておりましたが、どうやらそういう状況でもなくなってきました。

 

以前から話題には上がっておりましたが、いよいよ良質な黒木の在庫が目に見えて少なくなってきています。すでに原産国からの輸出は禁止され、業者からの一括仕入れも望み薄な状況のようです。

 

よって、「いつかは上等な黒木でオーダーメイドの三線を」なんてことが、かなり難しくなってきています。私の知人のお店では、50本ほどが在庫としてありましたが、ほぼそれで最後とのこと。一月に3~4件オーダーが入ってるようですので、その場合は1年ちょっとで在庫がなくなる計算になります。

 

そうなんです。結構まずい状況なんです。よって、長く続ける木がある人は、早めに良いオーダーメイドで注文したほうが良いかもしれませんね。みなみ三線店照屋林助三線店も黒木の原木は数限られてるようですので、迷うなら買うのがおすすめです。