三線職人の最高峰 銘苅春政氏作三線


みなみ三線店にある銘苅氏の棹は10本を超える
みなみ三線店にある銘苅氏の棹は10本を超える
銘苅氏の知念大工型や南風原型、大真壁型もあった
銘苅氏の知念大工型や南風原型、大真壁型もあった

一本目の三線でしっくりこず、次に手に入れる三線はどうしても自分の納得いくものを手に入れたい。でも、東京ではなかなか試し弾きできる店がない。購入後に後悔するのは嫌だ。ということで、とにかくいろんな情報をインターネットを中心に探し、学び、辿り着いたのが三線製作の巨匠 銘苅春政氏でした。銘苅氏に影響を受けた三線製作者は数多く、三線製作の最高峰に位置すると言われています。なかでも銘苅春政 = 与那城と言われるほど、銘苅先生の作る与那城型三線は有名です。

 

このページを作り始めた頃はまだ銘苅先生の三線を所有する前の段階でしたが、今となっては銘苅先生の三線を4本保有(与那城、江戸与那城、真壁型、江戸与那城)することに。すっかりその優美な姿にはまってしまいました。

 

銘苅先生の棹にはまったことは事実ですが、それと共にその棹を販売するみなみ三線店の枝川さん(銘苅先生に師事する三線製作職人)の音作りの技術(皮張りやブーアティ)としっかりとした対応に惹かれたというほうが正しいかもしれません。

 

実は、銘苅先生が手がけるのは棹のみ。全国各地の三線弾きや三線コレクターが先生の元へ訪れ、製作を依頼するため、棹以外を手がける時間がないとのこと。かなり前から棹以外は作られていません。

 

そこから先の塗り、皮張り、部当てなどの、いわゆる三線の音を決める最も大事な工程は銘苅先生の手から離れていて、棹を持ち込んだ三線店で組み上げられます。言うなれば、銘苅先生 + 各三線店の合作なわけです。

 

なので、棹以外を製作する三線店が信用ならないと、いくら棹が優美だったとしても納得いかない三線に仕上がります。たまにヤフーオークションや所在不明なサイトで銘苅春政作三線が高値で売られていますが、怖くて手が出せません。偽物も出回ってますのでお気をつけください。八重山かどうか不明でも、八重山と書く人は数多くいます。

 

銘苅先生の棹を扱われている三線店で銘苅先生に師事された方、みなみ三線店上原さんしんやいーばる三線店などで買うと、出所もはっきりしていますし、その後のメンテナンスも安心です。

 

前述の通り、銘苅先生に棹作りを頼んでる人は山のようにいて、工房にいくと大量の原木が積まれています。それを見るとわかりますが、原木を手に入れて銘苅先生に自分用に製作を依頼することは困難です。よって、銘苅先生の三線を欲しい方は、市場に売り出されているものを買うのが現実的です。


2017年10月3日更新 銘苅春政氏作 カミゲン黒木 大真壁型三線


新たに、銘苅先生作の大真壁型(大きめの真壁型)を入手し、現在みなみ三線店にて組み立て依頼中。平成21年7月7日の作。いたるところに白太が混じっていることもあり、木が沿っていたのですが、銘苅先生にお願いして削って直してもらいました。もうだいじょうぶだろう、とのこと。どっしりとした大きめの真壁で、どうなるかワクワクです。

 

塗りは、スンチー塗りのつや消しで、チーガーは西平開鐘の予定。ティーガーは、紅型を依頼中。


銘苅春政氏作 フィリピン産 黒木与那城型 三線


 

ありとあらゆるサイトを探し続けた結果、いーばる三線店が銘苅氏の製作した棹を3本扱われているのを知り、見つけるやいなや注文しました。銘苅春政と言えば与那城型。美しい一本です。製作年は平成25年(2013年)10月15日。棹は真っ黒に近いです。

最近は江戸与那城2本がメインになり、出番が少なくなりつつあります。単純に面長な見た目の江戸与那城のほうが個人的に好きで、はまってしまったという理由だけなのですが。

 

音は自分の好みの音にしたかったのと西平チーガーを試してみたかったのでチーガーごと皮の張り替えをみなみ三線店に依頼することにしました。また、購入時に早く手元に欲しいと急かせてしまったこともあり、カラクイがフィットしていなかった(すぐに戻ってしまった)ので、最近(2017年7月いーばる三線店にて)しっかりと治してもらいました。象牙のカラクイです。銘苅先生は比較的大きめにカラクイの差込口を開けられるらしく、一方で昨今主流のカラクイ(渡慶次さん作のもの)は細めに作られているとのことで、この二つの相性はあまりよくないようです。よって、銘苅先生の棹を手にいれる方は、この辺りは注意しないといけない点です。

 

棹さえ自分にフィットしていれば、それ以外を換えることで三線は自分好みに変えられます。胴や皮の張りを変えれば音色もずいぶん変化します。真壁型はティーガー(胴巻き)を変えました。当然ですが、ティーガーを変えても音は変わらないのですが、気分がすこぶる変わります。改めて三線の棹って大事だなって実感してます。棹がよければ後からいかようにも変えられますからね。音はYoutubeでご確認ください。

 

銘苅春政氏作 黒木 与那城型
銘苅春政氏作 黒木 与那城型
銘苅春政氏作 黒木 与那城型

銘苅春政氏作 黒木 与那城型
銘苅春政氏作 黒木 与那城型

銘苅春政氏作 黒木 与那城型
銘苅春政氏作 黒木 与那城型
銘苅春政氏作 黒木 与那城型


銘苅春政氏作 カミゲン黒木真壁型 艶消し


銘苅春政氏作 つや消し真壁型 製造年 平成20年12月22日
自身三梃目で、二挺目の銘苅先生作

 

そしてもう一本は、みなみ三線店で購入した銘苅春政氏作のカミゲン黒木真壁型で塗りは艶消し。最初にネットで掲載されていた頃からずっと気になっていたこの三線。鏡面もいいけれど、少し大人の雰囲気のある艶消しって良いなって思ってた時に出会いました。掲載画像にあったティーガーの雰囲気も抜群に良かったのですが、いざ訪問するとどこかの誰かがディーガーだけ購入していったとのこと....。なんてことだ..。ティーガーってなかなかしっくりくるものがないんですが、この赤の中国っぽいのが気に入ってたのに残念。。

 

この三線は少し面白くて、銘苅先生の名と日付は記載されているのに、銘苅春政シールが貼ってありませんでした。ので、実際に銘苅先生のところへ訪問して貼っていただきました、という三線。シールのが無いのは贋作みたいな話もききますが、シールがないケース(貼り忘れ)ってこともあるんですね。

 

張りは7分5厘で柔らかめ、民謡向けですがもう一本の与那城のほうが心なしか音が柔らかく重低音。真壁のほうが音が高めで、女弦が抜ける感じ。そして与那城を弾いたあとにこれを弾くと、細っ!って感じます。男は与那城のほうが握り具合はしっくりくるんじゃないかなって思います。製作年月日は平成20年(2008年)12月22日。

 

追記: ティーガーが普通のものだったので、紅型アーティストに依頼してオリジナル紅型ティーガーを作成し、装着しました。


銘苅春政氏作 真壁型
銘苅春政氏作 真壁型
銘苅春政氏作 真壁型

銘苅春政氏作 真壁型
写真左が与那城型。右が真壁型。いずれも銘苅春政氏作。
購入した真壁にシールが貼っていなかっため、銘苅先生に貼ってもらう。

銘苅春政氏作 カミゲン黒木 江戸与那城型

カミゲン黒木 銘苅春政作 江戸ユナー

自身四挺目にして、三梃目の銘苅先生作の三線は派手な江戸与那城型。現在、この三線を一番弾いています。個人的にずっとこういう黄色の漆で仕上げられた三線が欲しかったので購入。一般的によく目にする三線は真っ黒かあるいは赤系の漆で仕上げられており、それはそれで良いのですが派手好きにはこの黄色がたまらなく心に響きました。

棹は黒いほうが良いし値段も高いということですが、他の二挺の銘苅先生三線はいずれも真っ黒に近いので、対局にあるこういうものが欲しかったのです。 

購入は2本目のつや消し真壁型と同じく沖縄県は南風原町のみなみ三線店。私が最も信頼している三線店です。今回はオーダーでもなく、すでに完成品として置かれていた三線なのですが、店主の枝川さんに無理をいってお願いし、チーガーを桃原製盛嶋開鐘チーガーに変更。ティーガーもみなみ三線店で一番人気の物を選び、派手な江戸ユナーに似合う派手な仕上げにしてもらいました。たぶん普通はしてくれないけど、二挺目の購入ということで多めに見てもらいました。

 

皮の張りは薄手で7分5厘。少し前はこんなこと全然わからなかったし、好きな音がよくわからなかったのに、みなみ三線店のYoutubeを見まくった結果、好きな音はやや弱めの薄手の皮に落ち着きました。銘苅先生の棹の製造年月日は平成21年(2009年)5月26日。


銘苅春政氏作 カミゲン黒木江戸与那城

もう一本江戸与那城を手に入れました。他の3本と違い、野長が一尺五寸九分ほどある、少し長めの棹の江戸与那城です。これは、とある超有名な三線古典大家の方が、「棹は長いほうが余韻が伸びる」との話をされてらっしゃるようで、そのことから銘苅先生の作る棹で普通よりも長めの棹が作られることがあるそうです。確かに長いほうがテンションが強くなるので、音は伸びるのかもしれません。その代わり、尺の位置など、勘所が微妙にズレるので慣れが必要です。

 

ティーガーには久米島紬を装着。古典はこの江戸与那城で弾くとすごくフィットします。

銘苅春政氏作のバチ(爪)

銘苅先生がバチを製作されているということを知らない人は意外と多いかもしれないですね。三線製作は言うまでもなく超有名ですが、実はバチも製作されています。普通に通常製作されているわけではなく、直にオーダーしないと作っていただけないのですが、頼めば作っていただけます。


今回、銘苅先生にお願いして7.5cmのバチを製作していただきました。もうこのバチを手にしたら一生他のバチが必要ないぐらい最高の弾き心地で大満足です。


既製品のバチは大体輸入物なので、全体的に山なりになっていることが大半です。山なりのバチを使う場合は弦に対してやや直角にバチを当てないと音がザラつきます。銘苅先生のバチはやや上向きに沿って作られているため、弦に対して斜めにあてるとかかりが絶妙で、この上ない弾き心地です。7.5cmだと銘苅春政シールが貼りきれないため、切っちゃおうか、という話になり、苗字の部分でシールが切られました(笑)。なかなかのレアケースです。




こちらは2色模様が美しい、マッコクジラの歯で製作されたバチ。原歯自体は19cmほどあり、身の詰まった部分が15cm近くある巨大な希少物でした。


バチの長さは8cm。

象牙よりもさらに重たい素材のため、8cmだとずっしりきます。


詳細はこちらのブログから。




関連ページ