三線職人の最高峰 銘苅春政氏作三線


みなみ三線店にある銘苅氏の棹は10本を超える
みなみ三線店にある銘苅氏の棹。残り数少ない
胡弓(クーチョー)の名手としても名高い
胡弓(クーチョー)の名手としても名高い

一本目の三線でしっくりこず、次に手に入れる三線はどうしても自分の納得いくものを手に入れたい。でも、東京ではなかなか試し弾きできる店がない。購入後に後悔するのは嫌だ。ということで、とにかくいろんな情報をインターネットを中心に探し、学び、辿り着いたのが三線製作の巨匠 銘苅春政氏でした。

 

銘苅氏に影響を受けた三線製作者は数多く、三線製作の最高峰に位置すると言われています。県の伝統工芸士に認定された際の県からの認定文には、氏の作る三線は「銘苅型」と呼ばれる、と書かれていました。それだけ一人抜きん出ている証左なのでしょう。なかでも銘苅春政 = 与那城と言われるほど、銘苅先生の作る与那城型三線は有名です。

 

このページを作り始めた頃はまだ銘苅先生の三線を所有する前の段階でしたが、今となっては銘苅先生の三線を複数本保有することに。すっかりその優美な姿にはまってしまいました。

 

銘苅先生の棹にはまったことは事実ですが、それと共にその後の三線化をお願いしたみなみ三線店の枝川さん(銘苅先生に師事する三線製作職人)の音作りの技術(皮張りやブーアティ)としっかりとした対応がよかったというほうが正しいかもしれません。

 

現在、銘苅先生が手がけるのは棹のみです。稀にご自身で皮張りや塗りもされるようですが、全国各地の三線弾きや三線コレクターが先生の元へ訪れ、製作を依頼するため、棹以外を手がける時間がないとのこと。かなり前から棹製作に集中されてます。

現在はご高齢ということもあり、新規の製作依頼は断られてます

 

そこから先の塗り、皮張り、部当てなどの、いわゆる三線の音を決める最も大事な工程は銘苅先生の手から離れていて、棹を持ち込んだ三線店で組み上げられます。

なので、棹以外を製作する三線店がよくないと、いくら棹が銘苅先生だったとしても納得いかない三線に仕上がります。

 

ちなみに、銘苅先生のサイン(所有者、日付、銘苅春政作の名前)がすべて入っているのが良いとデマが流れてますが、先生に頼めばいつでも書いてくれます。製作日は作り終えた日近くの大安の日を書いているそうです。3月4日にできた場合は三線の日なので、3月4日と記載されます。

 

前述の通り、最近ではご高齢ということもあり、これ以上受けても作りきれないことから製作を頼んでも断られます。今から頼んで新規製作はほぼ不可能になりました。

 

 よって、銘苅先生の三線を手早く手に入れたい方は、市場に売り出されているものを買うしか方法がありません。今まで作られた三線は数千梃は超えるとのことなので、気長に待てば中古で出回るとは思います。

 


銘苅春政 = 与那城

銘苅春政 = 与那城と言われるほど、銘苅先生の代名詞と言われるのが与那城型三線です。しかし、ご本人はその言われ方に納得されていないようでした(本人談)。

 

「周りはそういうけれども、自分はそう(与那城の名人)思ったことはない。(その理由として)曲線、カーブにこそ、自分の技と自分にしか出せない味がある。どんな型かではなく、銘苅三線のすべての曲線が、自分にしか(造り)出せないもの」とおっしゃってました。

 

銘苅先生は故又吉真栄氏のように独自の創作型などを作られません。それは、型ではなく1つ1つの曲線や角度にあるからだ、ということなんですね。それを聞いて腑に落ちました。

 

とはいえ、銘苅先生の場合は一般的に与那城が有名なため、与那城と同系統の江戸与那城を求める方が多くいらっしゃいます。

先生の真壁型は少し独特で、普通の真壁型に比べて糸蔵が広く作られています。よって、一瞬与那城?と思う人も多く、一般的な他の製作者の作る真壁型とは見た目も寸法も異なります。銘苅先生の真壁を見て、あれは真壁じゃないという人もいるとかいないとか。個人的には氏の作る型はどれも優劣なく美しいです。

 

先日、先生のところでゆんたくしている時に、過去の製作本数をそれなりに聞いてみました。世の中に出回っている銘苅春政三線の型別製作数です。

 

与那城型 多数

真壁型 多数

江戸与那城型 そこそこ多い

知念大工型 そこそこ

南風原型 そこそこ

久場春殿型 20本もないと思う

久葉ぬ骨 こちらも少数

平仲知念 美しくないから作らない

南風原真壁型 5本以下

湧川開鐘の写し 1本

志多伯開鐘の写し 1本

西平開鐘の写し 1本

翁長開鐘の写し 1本

六線 ごくごくわずか

胡弓 そこそこ

 

開鐘の写しはほぼ作ってもらえませんが、過去に作ったこともあり、それぞれ所有者の名前をおっしゃってました。写し = コピーなので、自分が作らなくても他の人が作っても一緒、と仰ってました。確かに。

     


銘苅春政作知念真壁三線一作
銘苅春政作知念真壁三線一作


銘苅春政氏作のバチ(爪)

銘苅先生に3つ目のバチを製作していただきました。

 

古典の舞台、早弾きを想定して黒檀でバチを作製していただきました。マッコウクジラのバチは90g越えであまりにも重いため、地謡で早弾きがあるとちょっと大変です。

 

約8cmのサイズ感ですが、程よい重さ、ピカピカに磨かれた黒檀バチは素晴らしく高揚感があります。

 

私の三線は久米島紬のティーガーを使用したものが多いため、黒い三線に黒いバチということで、良い組み合わせが演出できそう。

 

製作は平成30年11月27日。知念真壁の棹と同時に仕上げてもらいました。



銘苅春政作象牙の7.5cmバチです。

製作は令和元年8月7日。

 

8cmだとやや長く、マッコウクジラはとても思いので、その中間に位置するバチとして、とても重宝しそうです。


 

今回、銘苅先生にお願いして7.5cmのバチを製作していただきました。もうこのバチを手にしたら一生他のバチが必要ないぐらい最高の弾き心地で大満足です。

 

既製品のバチは大体輸入物なので、全体的に山なりになっていることが大半です。山なりのバチを使う場合は弦に対してやや直角にバチを当てないと音がザラつきます。銘苅先生のバチはやや上向きに沿って作られているため、弦に対して斜めにあてるとかかりが絶妙で、この上ない弾き心地です。7.5cmだと銘苅春政シールが貼りきれないため、切っちゃおうか、という話になり、苗字の部分でシールが切られました。



こちらは2色模様が美しい、マッコクジラの歯で製作されたバチ。原歯自体は19cmほどあり、身の詰まった部分が15cm近くある巨大な希少物でした。


バチの長さは8cm。

象牙よりもさらに重たい素材のため、8cmだとずっしりきます。


詳細はこちらのブログから。





お問い合わせ

今年に入り、銘苅先生が製作を断られてることもあってか保有している銘苅三線を売って欲しいという問い合わせが増えています。タイミングと金額次第で応じることもありますので、お気軽にお問い合わせください。

 

メモ: * は入力必須項目です